プロフィール

sumirezakkaten

Author:sumirezakkaten
すみれ雑花店
水・日 定休 11:00~18:00
 
〒491-0873
愛知県一宮市せんい3-9-5
木工房すえひろ(喫茶konon)さん隣

0586-52-2850
chihochi127@pb3.so-net.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

竹細工

この夏 7月頃から 私がハマっていたこと。
無性に興味が湧いて はじめてみたこと。

それは・・・
「竹細工」
以前から興味があったのですが、クラフトフェアで
竹のカトラリーや、カゴバッグ を買ってから、
この素材に惹かれ・・・

自分で こんな「花カゴ作り」にチャレンジ♪


P9201363.jpg

意外に?力もある程度必要で、「竹」という素材に慣れるまでに
結構悪戦苦闘しましたが、やっぱり楽しい。。。

和のテイストに感じるかもしれませんが、組み合わせ次第で
色々使えて とても ステキな素材 だと 私は思います。

これを生徒さん達に披露し、レッスンでやってみる~~?
と聞いたところ、意外や意外?結構 みなさん食いついてきてくれました。笑

ただ、自分で作るのと、教えるのは全くベツモノ。
教えるとなると簡単なコトではありません。
何度も何度も クラフトテープなどで試作を重ねましたが、
どーにも 自分の中で 「いける!!」と思い切れなくて・・・

素材を仕入れるのもなかなか難しいのです。
そんな時、東京の「夏椿」さんで竹の ワークショップ があるとの情報。

早速、申し込み 2日間の「合宿」に出かけました~。

110912_124705.jpg

110912_124734.jpg




1日目は 「竹ザル」作り。

先生の見本は、一目ぼれしちゃうくらい 規則的にならんだ竹の目が
なんとも美しい 竹ザル。
こんなのホントに出来るのかしら??一抹の不安が頭をよぎります。

竹ヒゴを順番に組んでいく作業。単純そうで2本一組に組むのが
なかなか難しい、、、


110912_141548.jpg

1時間もしないうちに 「あー 帰りたい~」ってなっちゃったくらい。
(結局、途中5回くらい音をあげそうになった)
なんとか編み上げ、途中の縁の立ち上げは先生にやってもらうスタイル。

110912_174549.jpg


110912_165544.jpg

やっと ほッと一息。
後は、さらに縁を編みかがって・・・ 完成です!

110912_190318.jpg

 
こんなに私って根気なかった??って思うくらい。
出来上がったら、
疲れて、へとへとでした。
気がついたら、製作時間5時間あまり。
もう集中力限界でした~。


この日はお月見。
東京の空にも お月様 見えました。
デパ地下で買った 「お月見デザート」
疲れた後の 甘いもん は サイコー ↑↑


110912_205757.jpg


 

2日目。
 
なんだか昨日の疲れも まだ癒されぬまま・・
2日連続で参加してたのは 私だけ。
どんだけ 竹好き なの!?
って 自分で自分にツッコミいれつつ・・・
いざ!!

今日は 「竹カゴ」作り。

昨日とはうって変わって 繊細な細い竹ヒゴを使って、
根気よく編んでいく作業です。

予め立ち上がりまでは先生がやっておいて下さったので、
少し楽チン。

110913_114438.jpg

1段1段 編んでも編んでも なかなか上に上がっていくまでに
時間がかかり、相当な作業量が必要です、、、

110913_114411.jpg

昨日の反省を踏まえつつ、
根気!根気! と自分に言い聞かせ、頑張りました。
ホント 頑張った!!

途中、お昼は「夏椿」さん近くの カレー をデリバリーしてもらって、
休憩タイム。

110913_122154.jpg

「夏椿」さんの 器で出していただいて、美味しさ倍増でした。
ちょっぴり 充電した後は、またまた モクモク作業開始です。
ちょっとずつコツみたいなのが解ってきて、この作業の方が
竹を編んでる感 もあってか 楽しかったです。

朝10時からスタートし、終わったのは4時。
今日もやっぱり6時間。

久しぶりに ものすごい’達成感’

110913_160117.jpg


ほんとに 大変な2日間でしたが、
出来たの並べたら ニンマリ しちゃいました。

後日、早速 生徒さん達に見せびらかしたら、
「すごーーい 先生」って。
私の作ったのしか 見ていないから、もう大絶賛の嵐で。
クックックッ 笑
こんな光景、ワークショップの先生(大江さん)見たら、
苦笑だろうなぁ~って思うけど、
まあ いいの、いいの。

こんだけ褒めてもらったら、十二分に満足ですわ~。

ってことで、
この 「竹細工」 いつか 近いうちに
すみれの 教室でか ワークショップでか まだ未定ですが、
先生にお越しいただき、実現したいと思っております。

その前に 先生のいる「鳥取」に遊びに行きたいと思っています。
(鳥取の良いトコ、美味しいモン、など いろんなお話をしてくださったので、
すっごく行きたくなってきた)

帰りがけに 一緒にワークショップに参加してた方。
先生に にこやかにおっしゃってた。
「島根遊びに行きますね~~♪」って。

先生「鳥取です。」って 淋しげに つぶやいてた。

「ま どっちも来ていただければ いいんですけどね~」って。

結構、ポジティブ。。。



いいな~ 鳥取。



「そうだ、鳥取 行こう !」

どっかで聞いた 似たようなフレーズが頭ん中、
あれから グルグルしています。

指の皮が剥けそうになったけど、またやってみたい!
と思える モノ作り でした。

秋は色々やりたいこと に ムクムクと興味が湧いてきます。


竹は ヒゴ にするまでに 9割の 労力がかかるのだとか。
やってみて、「竹細工」 高価な訳が解り、納得です。

日本の ’手仕事’って本当に 繊細でスゴイ技 だなぁ
とあらためて 実感した、

今回の 私の 東京紀行 でした~。









  


     
スポンサーサイト



2011-09-20(Tue) 17:25| 未分類| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumirezakkaten.blog36.fc2.com/tb.php/114-0d3f211a

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。